普段から噛みしめる癖を持っている人は、寝ている時も噛みしめています。

ひどい場合は歯ぎしりをしていることも・・・
そうなると、歯や顎関節に大きい負荷がかかり、咀嚼筋(そしゃくきん)も収縮してしまいます。

結果、朝の歯磨きの時に口が開けにくかったり、
「おはよーー」って元気に言えなかったり。

口が開かない
あごが痛い

たったこれだけのことと思うかもしれませんが、
1日の始まりから痛い、しんどい想いをしていては、元気に過ごせませんよね!

本来なら、耳たぶ回しリンパケアを1セットするのが良いのですが、
噛みしめ癖で口が開けにくい時に、
耳たぶ回しの中の【あごを動かす】所がやりにくく感じるかもしれません。

そんな時は、無理にあごを動かそうとはせず、

①耳たぶを回す
②頬をなでる

この2ステップだけを10回~20回行ってみてください。
※寝たままでも、起きてからでもどちらでも大丈夫です。

これだけでも、夜寝ている間に緊張して硬くなっていた顔の筋肉がゆるんで、
あごの可動域が広がり、楽に口が開けやすくなります。

こうなったところで、普通に耳たぶ回しリンパケアを1セットすると、
肩までゆるんで1日を元気に過ごすことができますよ。

簡単2ステップのケアはこちら

こちらの記事では、耳たぶ回しリンパケアの方法を写真と動画で紹介しています。

Haruyo開講セミナーのお申込みはこちら


LINE@始めました。
美容・健康・セミナー・商品入荷情報配信中!
LINE@は、登録しただけでは、私にはどなたが登録したかは分かりません。
安心して、友達追加してください。
トークから、質問やセミナー開催リクエストも送ってください。
友だち追加
パソコンからご覧の方は、
こちらのQRコードを読み取ってください。