スマホの普及が進むにつれて増加している【スマホ腱鞘炎】ってご存知ですか?

【テキストサム損傷】と呼ばれることもあります。
これは、スマホの持ち方によって、親指(もしくは小指)に負担がかかり過ぎ、
痛みやしびれが出たり、指が変形したりしてしまうという症状です。

ドコモの公式Twitterでも注意喚起のツイートが出たほど、
スマホによる手指の痛み、変形を起こしている人が多くなってきているのです。

スマホ指

もともと腱鞘炎は、
〇 重いものを持つ仕事の人
〇 野球やゴルフなど棒状のものを強く握るスポーツをする人
〇 ギターやピアノなど、指をよく使う人

がなりやすかったのですが、
最近では、パソコンやスマホを長時間使う人が発症するケースが増加しているそう。

最初は、
「ちょっと痛いかな?」
程度だとしても、そのまま放っておいてスマホで指を酷使し続けると、
【ばね指】といって、指の曲げ伸ばしが非常にしにくくなって重症化してしまいます。

スマホで腱鞘炎にならないようにするためには、スマホを触る時間を減らすのが一番ですが、スマホを持つときにも、
・片手操作ではなく両手で操作する
・スマホを小指に引っ掛けない

などに注意するだけでもだいぶ違います。

それでも、指や腕が痛くなったら・・・
ブラシが大活躍しますよ。

私も長時間パソコンやスマホを操作した後に、指が痛くなってしまうことがあります。

そんな時は、ブラシで腕と指を優しくなでなでしてあげるんです。
手の甲側、手の平側、どちらもなでてください。

ブラシで腱鞘炎・指のケア

パソコンやスマホを使って硬くなってしまった筋肉は、
ブラシでさささ~~っと優しくなでてあげると、ゆるみます。

弱い痛みであればすぐに取れます。

私の場合、傷みがなくても1日のパソコン作業が終わったら、ブラシで適当になでてゆるめています。

腱鞘炎になってしまっては、お仕事になりませんからね(^^)/

Haruyo開講セミナーのお申込みはこちら


LINE@始めました。
美容・健康・セミナー・商品入荷情報配信中!
LINE@は、登録しただけでは、私にはどなたが登録したかは分かりません。
安心して、友達追加してください。
トークから、質問やセミナー開催リクエストも送ってください。
友だち追加
パソコンからご覧の方は、
こちらのQRコードを読み取ってください。