『耳たぶ回しリンパケア』を始める前のチェック

 
耳たぶ回しリンパケアを始める前に、今の自分の体の状態をチェックしておきましょう。
 

1.肩の硬さチェック

右手で左肩、左手で右肩をつまむようにして硬さをチェックします。
寝た状態で触った方が、ケア後にもう一度チェックした時に変化が分かりやすいのでおすすめです。

2. 耳たぶの後ろを指で押す

耳の後ろに軽く指を添えて口を開けてみてください。へこむところがありますね。
ここを指でギュッと押したときの痛みや違和感をチェックします。
ここはリンパ節があり、押して痛いということは「リンパが詰まっている」ということです。

3.あごの可動域チェック

口を開けて(無理して開けなくてOK)、自分の指が縦にまっすぐ何本入るかで、口の開けやすさをチェックします。

この3つのチェックはケアが終わってからもう一度行います。
1 では肩が柔らかくなり、2では押したときの痛みが軽減、もしくはなくなります。
2では口が開けやすくなって、指の入る本数が変わる場合もあります。
 
 

『耳たぶ回しリンパケア』の方法

 
STEP1. 耳たぶを回す

① 左右の耳たぶの付け根を指で軽くつまむ。

耳たぶの付け根をつまむ

つまむ場所は、耳たぶではなく顔との付け根の辺り。
 

② つまんだ耳の付け根をごく弱い力で後ろ側に4回クルクルと回す。
耳たぶを後ろに回す

③ 両手の平を頬に当て、頬骨からエラにかけて、ごく弱い力でサッサッと4回なでる。
頬をなでる

↑こちらが撫で始めの手の位置で、
↓こちらが撫で終わりの手の位置です。

頬をなでおろした位置

④ もう一度耳たぶの付け根をつまみ4回後ろ回し。
耳たぶを後ろに回す 

STEP2. 顎を動かす
 

⑤ 下あごを前に「イー」と出し、元に戻す。これを4回繰り返す。

あごを前に4回出す

⑥下あごを左右に4往復スライドさせる
下あごを左右にスライド

⑦ 下あごを前に出してから、「あー」と口を大きく開ける。
口を開ける

顎を動かす時は、痛みがない範囲で小さく動かすようにしてください。ケアを続けるとだんだん大きく動かせるようになっていきます。

STEP3. 腕を後ろ回しにする
 

⑧ 両腕を前に広げた状態から肘を曲げる。下あごは軽く前に出す。

⑨ 胸を開くように腕を後ろに4回引く。

腕を後ろに4回引く

⑩ そのまま腕を後ろ回しに8×4回(計32回)回す。
 
腕を後ろ回し
 
STEP1~STEP3を繰り返します。
3ステップを連続で行うのが基本ですが、ちょっとしたすきま時間に一つのステップだけを行うだけでも効果はあります。

動画も参考にしてみてください。

耳たぶ回しリンパケアが終わったら、
フェイシャルブラシを使ったケアを行うと、
シワ・たるみの解消、リフトアップ、小顔に効果があります。

Haruyo開講セミナーのお申込みはこちら