“リンパ”という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。

例えば、
「太っているのはリンパの流れが悪いせいだから、マッサージして流しましょう」とか、
「風邪をひいたらリンパ節が腫れた」などです。

“リンパマッサージ”や“リンパドレナージュ”という単語も珍しくなくなりました。

 

でも、ほとんどの人が、
「じゃあ、リンパって何?」と聞かれたら答えられないのではないかと思います。
私も、このさとう式リンパケアインストラクターという資格を取る前は、リンパという言葉は聞いたことがあったし、使うこともあったけど、説明することなんてできませんでした。
このなんだかよく分からない「リンパ」
実は私たちの体で大切な役割を果たしているのです。

今回はこのリンパについて詳しく解説していきます。

リンパとは?

 

まずはこちらの模式図をご覧ください。
リンパについて分かりやすい画像

心臓から送り出された血液は、体のすみずみに行き渡っている毛細血管を通ります。
この時に、赤血球以外の血漿(けっしょう)成分が毛細血管からしみだしますが、このしみだした体液こそが“リンパ”なのです。
間質液や組織液とも言われています。
このリンパが、体の各細胞に新鮮な酸素と栄養素を届けます。

酸素と栄養素を受け取った細胞は新陳代謝によって老廃物や二酸化炭素をリンパに排出。
これらを回収し、リンパ管内へと入り、リンパ節のフィルターでろ過されて最終的に静脈から吸収され心臓に戻るという循環です。

じつは、一般的なリンパマッサージのリンパは、「リンパ管内に吸収されたリンパ液」のことだけを指していることがほとんどです。

ですので、「リンパ=老廃物」というイメージをお持ちの方もいるかと思います。

 

血管から染み出た血漿成分であるという点で、リンパ管外の体液も、リンパ管内の液も同じものですが、解説をする時には、前者を『間質リンパ』、後者を『管内リンパ』と呼んで区別しています。

ちなみに、間質リンパのうちの90%が毛細血管へ、残りの10%がリンパ管へ流れ込み、管内リンパに移行します。

 

リンパの役割

 

●酸素や栄養を細胞に届ける。
●細胞の新陳代謝によって排出された二酸化炭素や老廃物をリンパ管へ運ぶ。
●体内に入った細菌やウイルスを退治して除去。体を病気から守る。

このように、体内の代謝や浄化、免疫機能において、重要な役割を果たしているのがリンパです。

 

リンパが流れる仕組み

血液は心臓がポンプの役割となって流れていきます。
ではリンパは?

リンパ管の場合はそれ自体の収縮で流れを作る働きはあるものの、心臓が血液を送り出す力ほど強くありません。
間質リンパの流れを作り出しているのは、筋肉の収縮と弛緩(しかん)運動です。

筋肉が縮んだりゆるんだりすることでポンプの役割をし、間質リンパを取り込んだり吐き出したりしています。

筋肉が本来の柔軟性を保って、収縮と弛緩を繰り返せば、間質リンパはダイナミックに循環し、細胞に酸素と栄養を届け、二酸化炭素や老廃物を排出します。

しかし緊張や老化によって硬くなった筋肉ではこのポンプ機能がうまく働きません。

細胞に栄養や酸素が届きにくくなり、リンパ管内の流れも滞って老廃物や余分な水分が溜まっていきます。
これがむくみです。

たとえるなら、交通渋滞が起こっているようなものですね。
むくむだけでなく、美容上も健康上も様々な不調を引き起こします。

体のお水(=間質リンパ)の流れを良くするためには、柔軟でしなやかな筋肉を取り戻すことが大切です。

Haruyo開講セミナーのお申込みはこちら