Q.耳たぶ回しは1日何回すればいいですか?
A.1日何回でもどうぞ!日々の生活のちょっとしたすきま時間に取り入れていくのが、頑張らずに続けられるコツです。

Q.リンパケアはいつすればいいですか?
A.いつでもOKですが、オススメは夜。寝る前に身体をゆるめると、ゆるんだ状態が朝まで続きます。また、歯ぎしりをする人は、頬の筋肉の緊張をゆるめるためにも起床時に耳たぶ回しをするのも良いです。

Q.毎日続けないと効果はありませんか?
A.そんなことはありません。もちろん、毎日少しでも続ければ体はどんどん良くなります。かといって、できない日があったからと言って落ち込まないでくださいね!体の変化を感じながら、楽しんでケアしてください。

Q.効果はいつまで続きますか?
A.その方の生活習慣や体の状態によって個人差があります。「どうせ戻るんでしょ?」という意識でケアを行うよりも、「ケアをすると楽になる、体の調子が良い」という実感が大切です。

Q.子供やお年寄りでも耳たぶ回しをしても良いですか?
A.押したり揉んだりしない優しいケアですので、お子様やご年配の方もケアをしていただけます。ただし、正しい方法でないと十分な効果を得られないので、力が強くなり過ぎないように注意は必要かと思います。

Q.食後や飲酒後でも大丈夫?
A.はい、大丈夫です。むしろ飲酒後のケアは二日酔い防止にもなりますよ。

Q.生理中でも問題ないですか?
A.生理中でも耳たぶ回しはしていただけます。生理痛や生理不順の方は、日ごろからケアを生活に取り入れることで改善した方もたくさんいらっしゃいます。

Q.リンパケアを避けた方が良い人はいますか?
A.妊娠中、特に妊娠初期の方や、がんなどの腫瘍のある方には原則としておすすめしていません。希望される方は、医師との相談の上同意を得てからが良いでしょう。

Q.顎を動かす時に“カクカク”と音が鳴ります。耳たぶ回しを続けても良いですか?
A.音が鳴るだけでしたらそのまま続けて大丈夫です。痛みが伴う場合は、痛みの無い範囲で顎を動かしてください。ケアを続けるうちに、痛みなく顎が動かしやすくなり、音も鳴らなくなっていきます。

Q.腕回しをする時に、肩や背中に痛みを感じるのですが?
A.腕回しの時も、どこかに痛みを感じるようであれば、痛みの無い範囲で小さく回すことから始めてください。耳たぶ回しに痛みは禁物です。「イタ気持ち良いくらいが効きそう」と頑張ってケアしてしまう方が多いのですが、かえって逆効果なのです。

Q.耳たぶ回しは、座って行うのと寝て行うのはどちらが良いですか?
A.寝ながら耳たぶ回しをする方が、全身の力を抜きやすいのでおすすめです。座ってケアをした時に「効果がないな」と感じていたら、おそらく体に余計な力が入ってしまっているのでしょう。背もたれにもたれるなどして、なるべく脱力しやすい状態で耳たぶ回しをしてみてください。

Q.腕回しをしていると腕が疲れてしまうのですが?
A.エクササイズのように、一生懸命腕を回そうとするとどうしても疲れてしまいます。イメージとしては“阿波踊り”の腕のように、ふにゃんふにゃんと力を入れずに動かしてみてください。また、“肩から腕を回す”のではなく、“耳から腕が付いている”というイメージで回すとより楽に腕回しができるようになります。

Q.メイクの上からしても良いですか?
A.はい、大丈夫です。弱いタッチで頬をなでるだけなので、メイクが崩れる心配もありません。

Q.手に汗をかいてしまい、頬をなでることがうまくできません。
A.手に汗をかいてしまう場合や、顔にクリームを塗っているときなどはすべりが悪くなり、どうしても力が入ってしまいます。そんな時は、ベビーパウダーを手に軽く塗ってすべりを良くすると、弱いタッチで頬をなでることができます、

Q.耳たぶ回しの時の「力の弱さ」がよく分かりません。
A.皆さんどうしても強くなりがちです。全国にさとう式リンパケア公認インストラクターがいますので、無料セミナーなどで実際の弱いタッチを体験することをおすすめしています。「こんなに弱い力で良かったんだ!」と驚きますよ。セミナー情報はさとう式リンパケア公式ホームページで公開されています。

Haruyo開講セミナーのお申込みはこちら